着るだけで筋トレは本当?それとも嘘?加圧シャツの真相とは…

着るだけで筋トレは間違い?

加圧シャツは着るだけで筋トレになると言われていますが、これは果たして本当なのかと疑問に思っていませんか?

 

正直なところ、着るだけで筋トレなんていかにも嘘っぽいですし、大げさにアピールしているだけでたいした効果なんてないと思っている人のほうが多いでしょう。僕も初めて加圧シャツの存在を知った時は、「そんなはずはない」とスルーしていました。

 

ですが、実は加圧シャツは誤解されていることが多く、正しく使えば効果的なアイテムなのです。ここでは、そんな加圧シャツの正しい使い方について解説していますので、最後まで読んでいただければ加圧シャツに対する誤解も解けるはずです。

 

着るだけで筋トレはあり得る?

着るだけで筋トレは本当?

加圧シャツは着るだけで筋トレになると思われていますが、実はこれって正しい解釈とは言えないんですよね。

 

確かに、商品によっては、加圧シャツは着るだけで筋トレになるように紹介されていますが、僕としては着るだけだと期待しているような効果は得られないと思います。

 

多くの人がイメージしているのは、一日中加圧シャツを着ているだけで、ムキムキになったりみるみるうちに痩せたりという将来ですよね?おそらく、多くの人がそう考えてあり得るはずがないと突っぱねているのだと思いますが、それは本当に正しい使い方なのでしょうか?

 

僕が思う加圧シャツのメリットは、姿勢を正してくれることです。基本的に、多くの人が猫背のように悪いと言われる姿勢をとっていると思います。パッと見て、「この人は姿勢がいい!」と思える人って数える程度ですよね。

 

猫背のように悪い姿勢をとっていると、体の筋肉はほとんど働いていない状態になります。一方、良い姿勢を保つには、ある程度体の筋肉を働かせる必要があります。たまに意識して背筋を伸ばしてみても、その姿勢って意外と疲れるので長続きしませんよね。

 

つまり、加圧シャツで良い姿勢になるなら、姿勢を保つのにいつもよりも多くの力を使っていると考えられるわけです。このことから、加圧シャツを着ておけばいつもより多くの力を使うので、筋トレになるということになるわけです。ですが、普通に生活しているだけで筋トレになるほど筋肉を使うものなのでしょうか?

 

加圧シャツの本当の目的は…?

加圧シャツの本当の目的

加圧シャツの本来の目的は、「着るだけで効果があるアイテム」ではないと思います。

 

正直、普段の生活程度だとそこまで筋肉を使っていないので、多少使う量が増えたからと言って、筋トレに匹敵するレベルにまではならないように思います。デスクワークのような仕事だと尚更ですよね。反対に、肉体労働の仕事だと、効果は大きく変わってくると思います。

 

つまり、着ていることで筋肉を使う量が増えるなら、加圧シャツを着て筋肉を多く使えばいいというわけです。では、デスクワークのように、力をあまり必要とされない仕事の人はどうすればいいのでしょうか?

 

加圧シャツは補助として使おう!

加圧シャツは補助

加圧シャツは、着ることでいつもより多くの筋肉を使えるという効果が期待できます。ということは、加圧シャツを着て肉体労働のように強い力を使う仕事をすれば、高い効果が期待できることになります。では、肉体労働ではない仕事の人はどうすべきなのでしょうか?

 

仕事で力を使わない人は、仕事とは別に加圧シャツを着て力を使う状況を作ってあげれば良いのです。つまり、加圧シャツを着てトレーニングをするということですね。

 

トレーニングの内容としては、ランニングなどの有酸素運動や、まさに筋肉を使う筋トレがいいでしょう。よくダイエットして紹介されているような運動をイメージしていただければ良いと思います。

 

つまり、加圧シャツは着るだけで筋トレになるのではなく、着た状態で筋肉を使って初めて効果が期待できるアイテムだというとです。位置づけとしては、トレーニングの補助をしてくれるアイテムといったところです。

 

もし、着るだけで効果があるわけがないという前情報にショックを受けていたり、実際に使ったけど効果がなかったと諦めている人がいれば、加圧シャツはトレーニングの補助として使うという考え方をしてみると、また違った見方が出来ると思いますよ。

 

まとめ

  • 加圧シャツは着るだけだと筋トレにならない可能性がある
  • 加圧シャツを着ると「姿勢が良くなりいつもより多くの筋肉を使える」という効果が期待できる
  • 加圧シャツはトレーニングの補助的なアイテムとして考える

 

もし、加圧シャツについて興味がでてきた方は、金剛筋シャツについて説明した記事がありますのでご覧下さい。

金剛筋シャツの詳細はこちら

 

スポンサードリンク