【トレード】榎田の2017年の成績はどうだった?

トレードとなった榎田の2017年の成績

3月13日に、阪神タイガースの榎田大樹投手と、埼玉西武ライオンズの岡本洋介投手とのトレードが両球団で合意されていると報道されました。

 

今回のトレードは1対1のトレードになるのですが、今季初であり、金本監督と辻監督にとっても就任後初のトレードのようです。

 

そこで、今回トレードが成立した昨年2017年の阪神タイガースにおける榎田投手の成績を調べてみました。

スポンサーリンク

【阪神】榎田大樹の2017年の成績はどうだった?

阪神・榎田の2017年の成績

今回西武・岡本投手とのトレードが合意された阪神の榎田投手ですが、昨年2017年の成績はどうだったのでしょうか?

 

阪神・榎田投手の2017年の成績がこちら

試合数(投球回数) 被安打 被本塁打 四死球 奪三振 自責点 防御率
2017年 3(6.1回) 10 0 2 6 1 1.42

2017年は、9月1日に1軍に登録されるも9月22日に登録抹消となり、3試合だけの登板にとどまっています。

 

自責点や防御率を見ると悪くはないと思うのですが、投球回数6回で被安打10は多い気がします。役目としてはセットアッパーだと思うので、四死球2も多いと思われるかもしれませんね。

 

【阪神】榎田大樹のこれまでの成績は?

榎田大樹のこれまでの成績

では、昨年までの榎田投手の成績はどうだったのでしょうか?

試合数(投球回数) 被安打 被本塁打 四死球 奪三振 自責点 防御率
2016年 35(39.2回) 39 6 19 32 19 4.31
2015年 8(8.2回) 9 1 5 8 11 10.38
2014年 24(44.2回) 60 2 26 42 38 7.05
2013年 16(92.1回) 70 11 46 78 39 3.61
2012年 48(42.1回) 36 2 28 37 13 2.34
2011年 62(63.1回) 43 3 32 71 19 2.27

新人の時から活躍していた榎田投手ですが、2012年に左ひじを痛め、9月27日に左肘遊離軟骨の除去手術を受けています。

 

これを受け、2013年には連投を控えるために先発に転向しているのですが、成績がふるわず9月16日に1軍登録抹消となっています。

 

左ひじの痛みや、手術の影響がどの程度あるのかは分かりませんが、これ以降に調子を崩したようですね。もちろん、多かれ少なかれ影響がないはずはないのですが、手術後も活躍されている投手はいますし、時間もあいているので、西武での活躍に期待したいですね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、トレードが明らかになった阪神・榎田投手のこれまでの成績を調べてみました。

 

スポーツ選手でけがに苦しむ人は多いですが、榎田投手も左ひじを痛めたことが成績に影響していそうですね。西武に移籍することで環境が変わり、ピッチングにもいい影響が出ることを期待したいですね。

 

 

 

スポンサードリンク