金剛筋シャツが伸びるのはなぜ?

金剛筋シャツ 伸びる

金剛筋シャツに興味を持った人の中で、なんであんなにシャツが伸びるのかと気になった方はいませんか?金剛筋シャツは、着ていない時は子供服かと間違うほどに小さいのに、いざ着てみると普通の大きさになるほど伸びるんですよね。

 

僕も最初見た時は衝撃を受けたのですが、金剛筋シャツはなぜこんなにも伸びるのでしょうか?おそらく使っている素材に秘密があるはずですが、他の加圧シャツとの違いは何なのでしょうね…。

 

そこで今回は、なぜ金剛筋シャツがあんなにも伸びるのかを調べてみました。金剛筋シャツの伸びは、加圧シャツでは定番のあの繊維が関係していましたよ。

 

金剛筋シャツが伸びるのはなぜ?

金剛筋シャツ 伸びるのはなぜ

金剛筋シャツの伸縮性は、始めてみた人からすると衝撃的ですよね。金剛筋シャツの公式サイトにシャツを伸ばしている画像があるのですが、かなりの伸びっぷりに驚きます。

 

金剛筋シャツがなぜこんなにも伸びるのかについてですが、これはスパンデックス繊維という素材が関係しているのです。

 

スパンデックス繊維は、この金剛筋シャツの伸びの立役者と言ってもいい存在なのですが、加圧シャツには基本的にこの繊維が使われています。

 

では、なぜ同じくスパンデックス繊維が使われているのに、金剛筋シャツと他の加圧シャツの伸びに差が出るのかと言いますと、それはスパンデックス繊維の配合量が違うからです。

 

金剛筋シャツ スパンデックス繊維

 

一般的な加圧シャツの多くは、このスパンデックス繊維を10%前後ぐらいの割合で配合しているのですが、金剛筋シャツはこのスパンデックス繊維をなんと20%も配合しているのです。

 

この配合量の違いが、金剛筋シャツと他の加圧シャツとの伸びの違いを生んでいるのでしょう。

金剛筋シャツの公式サイトはこちら
check!
  • 金剛筋シャツが伸びる理由はスパンデックス繊維
  • 金剛筋シャツには、スパンデックス繊維が20%と一般的な加圧シャツの2倍ほど配合されている、

 

金剛筋シャツが伸びるためのスパンデックス繊維って?

金剛筋シャツ 繊維

金剛筋シャツに使われているスパンデックス繊維、これが加圧シャツの伸縮性を生んでいるのですがいったいどんな素材なのでしょうか?

 

スパンデックス繊維とは、ポリウレタン弾性繊維の一般名称のことです。実際に、金剛筋シャツの品質表示でも、スパンデックス繊維はポリウレタンと表示されています。

 

スパンデックス繊維は、伸縮性に富んだ繊維で、他の繊維と合わせて少し使うだけで体の動きに合わせて伸び縮みするようになります。競泳水着などのスポーツウェアにも使われており、ストレッチ素材の服に使われる代表的な繊維なのです。

 

高い伸縮性だけではなく、高い耐久性も持っているので、金剛筋シャツはこの繊維を上手く活かしてあの伸縮性を実現しているわけですね。

check!
  • スパンデックス繊維は高い伸縮性に富んだ素材
  • スポーツ界でも競泳水着などに使われている

 

まとめ

  • 金剛筋シャツが伸びる理由はスパンデックス繊維
  • 金剛筋シャツは、一般的な加圧シャツの2倍程度のスパンデックス繊維を配合している
  • スパンデックス繊維は高い伸縮性に富んでおり、競泳水着などにも利用されている
金剛筋シャツの公式サイトはこちら

 

スポンサードリンク