社会人デビュー【2018】を目指すには!?職場が新人に求めること

社会人デビュー2018を目指すために

もうすぐ4月になりますが、社会人デビューで悩んでいませんか?

 

大学を卒業し、いよいよ社会人としての新生活が始まろうとしていますが、正直会社に就職して働くのは不安でしかないと感じている人も少なくはないでしょう。

 

大卒の新社会人にとって、社会人としての生活は未知数です。最近は、SNSやテレビで嫌な上司やブラック企業の話なんかもよく流れていますので、情報を見て怖くなってしまう人もいるはずです。

 

うまく職場にとけこんで、慣れない仕事ながらも先輩や上司と楽しく過ごしている自分と、職場にとけこめず苦痛で食事も喉を通らない日々が続き退職届を書こうとしている自分、どちらになりたいかは聞くまでもありませんよね。

 

ブラック企業かどうかは入社しないと分からない部分もありますが、事前に多くの職場が新人に求めているであろう条件を知っておけば、少なくとも自分が悪くて嫌われる可能性は減るはずです。そこで、今回は2018年に社会人デビューを目指す方のために職場が新人に求めることを紹介していきます。

スポンサーリンク

社会人デビューする新人が不安に思ってることとは?

社会人デビューする新人が不安に思っていること

そもそも、2018年の社会人デビューを控える新人の方々は、どんなことを不安に思っているのでしょうか?

 

新人の方が不安に思う原因として多いのは、次の2つです。

  • 会社の同僚・上司とうまく付き合えるか
  • 新しい環境でうまくやっていけるか

 

出典:マイナビ

マイナビ学生の窓口調べでは、上記の2つが2018年の新社会人が持つ新生活への不安として多いというデータが出ています。

 

この2つに続くのが「仕事ができるかどうか」です。つまり、仕事が出来るかどうかよりも、職場での人間関係や新しい環境への適応を不安に思っている人が多いということです。

 

最近、ゆとり世代などと線引きされることもあり、世代間での考え方に大きなギャップが生まれてきているようなので、このことが不安になる原因として大きいのかもしれません。

 

これまでは、仕事を頑張って誰よりも結果を出し、昇進したいというのがモチベーションの1つだという考え方があったように思いますが、最近はプライベートを優先する傾向にあります。

 

仕事が生きがいという考え方よりも、あくまでプライベートのために仕事をする感じですね。なので、昇進にはそこまで興味がないことも多いですし、残業してプライベートを減らすなんてもっての他でしょう。

 

事実、マイナビの新社会人が持つ新生活への不安第5位は、「プライベートと仕事を両立できるかどうか」です。

 

もちろん、プライベートを犠牲にした方が良いと言う気は毛頭ありませんが、上司や先輩とは根本から考え方が違い、理解されない可能性があるということは、頭に入れておいた方がいいかもしれません。

 

職場が新社会人に求めることとは?

職場が新人に求めること

逆に職場の上司や先輩が新社会人に求める内容とは何なのでしょうか?

 

新社会人デビューを控える人からすると、どれほど難しいことを求められているのかとヒヤヒヤしているかもしれませんが、さすがに最初は基本的なことしか求められていないようです。

 

よく言われるのが、「笑顔」ですね。

 

笑顔で挨拶ができると印象が良くなるので、人間関係を良好にたもつには必須と言えるでしょう。他にも言葉づかいや身だしなみなど、最低限印象に関わることさえ気をつけておけば、いきなり嫌われることはないはずです。

 

笑顔で挨拶ができる人が好印象を持たれる反面、無表情で不愛想な人は印象が悪くなる傾向があります。

 

なので、緊張しがちで人見知りな方は、まずは緊張しながらも笑顔を作れるよう意識した方がいいのかもしれません。そもそも仕事ができる、できないの評価に関しては、一緒に仕事をしていないと分かりませんからね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、2018年に社会人デビューを控える新社会人に向けて、少しでも不安をとりのぞけるような情報を紹介してみました。職場や上司によって違う部分もありますが、少しでも参考になれば幸いです。

 

 

 

スポンサードリンク