修学旅行を休みたい理由について|理解されないのが一番辛い…

修学旅行を休みたい理由

修学旅行の時期は学校によってまちまちですが、春に修学旅行がある学校もあります。

 

修学旅行が楽しみだという人は全く問題なく精一杯楽しめばいいのですが、中には何としても修学旅行を休みたいという方もいるはずです。

 

そんな方にとって一番辛いのは休みたいと両親や先生に言っても、全く理解されずに無理矢理行かされてしまうことです。もし、強制的に修学旅行に行かされたことで、何日もある修学旅行をぼっちで過ごすのはいたたまれません。

 

そこで今回は、修学旅行を休みたいと思う生徒の方々や、そんな子供さんをもつご両親のためにも、修学旅行を休みたいと思う理由について考えてみました。

スポンサーリンク

修学旅行を休みたい理由|①友達がいない

友達がいない

修学旅行を休みたいと思う人には、当たり前ですが休みたいと思うだけの理由があります。もちろん、「そんなことで休むな」と言ってしまうような理由もありますが、よくよく聞くと「それはさすがに…」と思ってしまうような理由もあります。

 

修学旅行に行きたくないと思う理由として一番多そうなのが、友達がいないことです。

 

友達がいないということは、修学旅行の時にいわゆるぼっちになるということです。しかも、ぼっちでいていいならまだ楽かもしれませんが、修学旅行って集団行動を強いられたりするんですよね…。

 

集団行動を強いられた時に、友達がいない人がどんな目にあうのかは、実際に友達がいない人にしか分からないと思います。

 

よく、「行ってみないと分からない」とか「勇気を出して変わろうとすれば意外と楽しめるはず」とか励ます人がいますが、こういった発言をする人ってだいたい友達がいる人ですよね。

 

本当に友達がいない人が修学旅行でどんな目にあうかは、おそらく修学旅行が始まる前に分かっていると思います。修学旅行の前って、班決めだったり、予定を立てたりしますよね?友達がいない人は、その時点でかなり苦痛なんですよね。

 

まず、「自分と組むのを明らかに避けられている空気を感じる」、これだけで人間はかなり傷ついてしまうものです。班が決まってからは、自分が入った班の班員は、明らかに嫌そうな顔をするか、仕方なく気をつかって割り切った顔をするかといったところでしょう。これは、どちらの場合でもかなり辛いものです。

 

もし、友達がいないなどの人間関係が理由で修学旅行を休みたいと子供さんが言うのであれば、頭から否定せずに話を聞いてあげるべきだと思います。普通に学生時代を過ごしてきたご両親なら、まずは子どもさんの気持ちを少しでも分かってあげてから話をするべきです。

 

今の時代は、SNSでいじめをする時代ですので、昔よりもその内容はかなり陰湿になっているとも言えます。もし、友達がいないのではなく、いじめが背景にあるなら、手遅れになる前に気づいてあげるべきです。

 

修学旅行を休みたい理由|②仲が良い人がいない

仲が良い人がいない

こちらもよくある理由ですよね。友達がいないのではなく、仲が良い人が班にいないことが原因です。同じ行きたくないという理由でも、先ほどの友達がいないとは次元が違いますよね。

 

もし、その人が別に誰とでもそつなく話ができるのであれば、行かない理由はないと思います。別に、班員との行動が修学旅行のすべてではないので、班で動かなくてもいい時に好きな人と行動すればいいだけです。

 

ただ、友達が少ないにも関わらず、唯一話せる人が班にいないケースだと話は変わってきます。もし、慣れている人じゃないと全く話すらできないのであれば、欠席も検討すべきでしょう。これは、先ほどの友達がいない場合と似たようなことになりかねません。

 

こういった話をしていると、「将来仕事になったら嫌なこともやらないといけないから」という意見もありますが、個人的にはまた別だと思います。仕事は嫌なことをやった分、お金が入ってきますが、修学旅行には報酬なんてありませんしね…。

 

場合によっては、人生のトラウマになることだってありますし、人間不信に陥るきっかけにもなり得ます。もちろん、行けるなら一番良いのですが、無理矢理行かされたことで、その後学校に行けなくなったりしたら逆効果ですからね。

 

友達がたくさんいる人で、仲が良い人が班にいないからという理由だと休むほどではないと思いますが、会話ができる友達がほとんどいないような人は、欠席を考えても良いのではないでしょうか?

 

修学旅行を休みたい理由|③その他の環境の理由

乗り物酔い

少数かもしれませんが、人間関係以外にも様々な理由で修学旅行に行きたくない人もいるはずです。

 

例えば、乗り物酔いがひどい人なんかは、バスや電車での長時間の移動が難しいこともありますよね。飛行機がどうしてもだめだという人もいます。

 

こういった乗り物の理由だと、休むのも致し方ないのではないかと思ってしまいます。学校側が、何か別の手段を考えてくれるなら話は別ですけどね。あとは、酔い止めがどれだけ効くかもあるでしょう。

 

また、枕が変わったり、家以外になると眠れないという人もいます。修学旅行だと気分があがって耐えられるかもしれませんが、体調不良になるなら微妙なところですね…。

 

ただ、中学にしろ高校にしろ、修学旅行は人生で一度しかないので、できれば行っておきたいとこです。もし、眠れないなどの理由なら、慣れていない祖父母の家や友達の家に泊まるなどして、練習しておくのも1つかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

修学旅行を休みたいと思う理由は、人によって色々あると思います。ですが、休みたいと言うからには、そう考えるしっかりとした理由があるはずです。

 

特に、人間関係の理由は思っている以上に辛いものですし深刻なので、まずはちゃんとご両親や子供さんと話し合う機会を持つべきです。

 

友達がいない人の気持ちは、友達がいない人じゃないと分からないと思いますので…。一方的に決めずに、しっかりとお互いに話し合ってうえで、結論を出すべきです。

 

ただし、修学旅行は一度しかありません。もし、後悔するかもしれないという予感が少してもしているのなら、行っておいた方が良いのかもしれませんね。

 

 

スポンサードリンク