大谷翔平のオープン戦の結果|日本にいる頃はどうだった?

大谷翔平の日本でのオープン戦の結果

メジャーリーグでスプリングトレーニングことオープン戦に出場している大谷翔平選手、何度か登板しましたがまだうまくボールを制球しきれず苦戦している様子です。

 

ただ、オープン戦はあくまで調整という考え方もあるので、この結果がシーズンでそのまま出るかと言えば、そうとは限らないでしょう。また、メジャーリーグと日本のプロ野球との違いもあるので、調整に時間がかかっているという理由もあるかもしれません。

 

そこで、今回は比較のために大谷翔平選手の日本におけるオープン戦の結果を調べてみました。なお、今回は投手としての成績のみとしています。

スポンサーリンク

大谷翔平のオープン戦の成績|日本

大谷翔平選手は、2013年に日本ハムファイターズに入団していますが、その年のオープン戦で初登板を飾っています。

 

大谷翔平選手が日本で出場したオープン戦の成績がこちら

【2016年】

対戦相手 投球回数 被安打 被本塁打 失点
3月2日 巨人 5 2 0 0
3月17日 ソフトバンク 5 6 1 4

 

【2015年】

対戦相手 投球回数 被安打 被本塁打 失点
3月3日 巨人 4 4 0 4
3月11日 DeNA 4 6 1 5
3月21日 巨人 3 1 0 0

 

【2014年】

対戦相手 投球回数 被安打 被本塁打 失点
2月22日 ロッテ 3 4 1 1
3月8日 阪神 5 2 0 1
3月22日 巨人 5 5 0 0

 

【2013年】

対戦相手 投球回数 被安打 被本塁打 失点
3月21日 楽天 1 1 0 0

やはり、オープン戦は調整という意味合いが強いのか、結構失点していますね。本塁打を打たれたりもしているので、大谷翔平選手の場合は、オープン戦の結果はそこまでシーズンには影響しないのかもしれません。

 

大谷翔平のオープン戦の成績|メジャーリーグ

続いては、現在ざわつき始めているメジャーリーグでの大谷翔平選手のオープン戦の結果を紹介します。

 

大谷翔平選手のメジャーリーグ(エンゼルス)での登板がこちら

現地時間 対戦相手 投球回数 被安打 被本塁打 失点
2月24日 ブルワーズ 1回1/3 2 1 2
3月2日 ブルワーズ 2回2/3 4 0 2
3月9日 ティファナ 3回 6 1 6

まだ投球回数は少ないですが、本塁打も浴びていますし、そこそこ失点もしていますね。確かに、この成績だと大丈夫かとざわつかれるかもしれません。

 

ただ、日本のオープン戦の成績と比べてみると、それほど大差ないようにも思えます。日本でもオープン戦の結果はそこまで良くないですが、シーズンになると圧倒的な活躍を見せてくれていましたよね。

 

メジャーリーグ初挑戦の年で、調整は難しいかもしれませんが、シーズン開幕後は堂々とした姿が見れると信じたいですね。

スポンサーリンク

 

まとめ

今回は、苦しんでいると言われている大谷翔平選手のオープン戦でのピッチングについて紹介しました。メジャーリーグでのオープン戦の成績が振るわないことで色々と言われているようですが、日本にいた頃のオープン戦の結果と比べてみることで見えてくるものもありました。

 

 

スポンサードリンク