お花見を新入社員がのりきるコツとは…?

お花見

この時期になるとテレビでも連日報道されているお花見、新入社員が交流を兼ねて会社のお花見に参加することもあるでしょう。お花見や飲み会は、会社のコミュニケーションツールのような扱いになっていることが多いですしね。

 

ただ、学生時代にお花見のようなイベント事に参加してこなかった人にとっては、こういったイベントはかなりハードルが高いのではないでしょうか?

 

「正直行きたくないけど誘われたのに新入社員が行かないのは感じが悪くなるから…」そうわりきって参加する人も少なくないはずです。

 

ですが、どうせ頑張っていくなら特に問題も起きず、できれば楽しく過ごせた方が今後のためにも良いですよね。そこで、今回は新入社員がお花見を乗り切るコツについて紹介していきます。

スポンサーリンク

お花見で新入社員が騒ぐのはNG!

新入社員が騒ぐのはNG

お花見と言えば、お酒を飲んではしゃいでいるイメージがあるかもしれませんが、大学のサークルと会社の飲み会は違います。もちろん、会社の中には酔って騒いでいる人もいるかもしれませんが、少なくとも新入社員はNGです。

 

お花見は、周りにもたくさんのお酒に酔った人がいます。酔って騒いでいると、近くの人とトラブルになるなんてことはよくあります。すでに何度もお花見を経験している会社の上司や先輩だと節度や対応が分かっているかもしれませんが、まだまだ無知な新入社員にとっては厳しいですよね。

 

入社してすぐのこの時期に、仕事以外のことで評判が悪くなるのは避けるべきです。なんとか盛り上げないとと頑張る人もいるかもしれませんが、騒ぎすぎて怒られるよりは、自然にしておいた方がいいのではないでしょうか?

 

会社独自のルールに注意…

会社のルール

お花見の席に限らず、お酒の席では会社独自のルールがあったりします。「顔を覚えてもらうために上司全員にお酒をついで周る」、「新人は一発芸をしなければならない」などです。一見時代遅れにも思えますが、会社によってはこういった風習が根付いているケースもよくあります。

 

これらのルールに対しては、確認できるなら事前に先輩に確認できると良いですし、当日に先輩の後について真似をするのもありです。ただ、お酒をついで回ると必ずといっていいほどお返しを受けることがあるので、自分のコップを持っていった方がいいかもしれません。

 

この場合、もしお酒が飲めない人は自分用のソフトドリンクなども合わせて持ち歩いておくとお返しが受けやすいでしょう。もし、どうしてもお酒を強制された場合は、飲むふりをするのも1つかもしれません。相手も酔っぱらっているでしょうしね…。

 

あとは、お酒をつぐときはラベルを上にするなど細かい指摘がとんでくるケースもありますので、事前に誰かに確認できるといいですね。

 

一発芸に関しては、ノリでやり切るしかないでしょう。新入社員同士で相談するのも1つですし、先輩に新人の頃に何をしたのか聞くのも良いでしょう。NGなのは盛り上げようと脱ぎだすことでしょうか。こういった学生ノリ、男性ノリと思われるような行動は、女性がいた場合一気に盛り下がります。

 

今後の会社での立場もありますので、ダメージを負わないよう無難に済ますのもありかもしれません。もちろん、会社の雰囲気にもよりますが…。

 

お花見の場所取りは争奪戦!

場所取りは争奪戦

会社によっては新入社員に場所取りを任せるケースもありますが、もし場所取りをすることになったら争奪戦だということを覚えておかねばなりません。

 

お花見をするために、早い人だと早朝からブルーシートを敷いて場所取りをしているそうです。しかも、ブルーシートを敷いているだけではダメで、きちんとその場に誰かがいないと撤去されてしまう場所も多いようです。

 

場所取りといえどもルールはあるもので、もし新入社員の立場で場所取りを任された場合は、何人かで力を合わせた方がいいでしょう。もちろん、新入社員が複数いればの話ですが…。

 

お花見は意外と寒い…

お花見は寒い

お花見の時期は、「夜になると寒くてじっとしていられない」こともあります。

 

昼間は暖かくても、まだまだ朝晩は冷え込む時期なので、暖かくなってきたからといって薄着をしていると、夜になったら寒くて楽しめないということにもなりかねません。

 

昼間が暖かいなら、夜になると羽織れるようなコートを1着もっておくといいかもしれません。また、女性の場合はシートに座らないといけないので、スカートは避けた方がいいでしょう。

 

まとめ

今回は、新入社員がお花見を乗り切るための情報を紹介してみました。

 

こういったお酒の席では、会社独自のルールがあることも多く、実際に参加してみたいと分からないことも多いでしょう。可能なら、事前にどんな感じのお花見なのかを先輩や上司に確認できるといいでしょう。

 

スポンサードリンク