新人が飲み会に参加するメリットとデメリットを真剣に考えてみた!

飲み会に参加

4月が近づき会社に新人が入ってくるこの頃、色々と話題に上がるのは新人の飲み会参加についてです。

 

ゆとり世代が働くようになってから、たびたび論議を巻き起こしているのは新入社員が飲み会を断る件です。結局は「行きたくないから」という理由なのですが、受け入れられない人は多く意見は真っ二つに分かれている状況です。

 

飲み会については賛否両論があるところですが、今回は職場の飲み会のメリットとデメリットについて真剣に考えてみました。もし、これから就職を控えていて、飲み会に参加するなんて論外だと思っている方がいるなら、参考にしていただければと思います。

 

ちなみに、僕も一応ゆとり世代なのでゆとりへの偏見などはないつもりです。

スポンサーリンク

新入社員が飲み会に参加するデメリットは多い…

飲み会のデメリット

新入社員が飲み会に参加することについて、いかに自分たちの歓迎会だったとしても、デメリットは多いと感じる人がほとんどでしょう。

 

色々と調べてみた内容や、僕が思いつくデメリットをいくつかあげてみました。

  • プライベートの時間を削られる
  • お金がかかる
  • 上司の愚痴を聞くことになる
  • 酔っぱらって醜態をさらす人を見て人間性を疑うことになる
  • 時にはお酒を無理矢理すすめられることがある
  • そもそも楽しくない
  • お酒の席が嫌い
  • 一発芸を強制されることもある
  • お酒をついで回ったり気をつかうのが面倒

基本的に、最近はプライベートを重視する考え方が増えてきていますので、まず飲み会で自分の時間を削られることを嫌がる人は多いでしょう。「飲み会は楽しい時間なので仕事ではない」と考えている方もいるかもしれませんが、楽しいと感じるかどうかはその人次第なので…。

 

僕としても、飲み会は苦痛でしかなかったので、できることなら行きたくないというのが本音でした。飲み会はコミュニケーションの場になるという考え方はもっともだと思いますが、結局仲が良い人同士がかたまっているケースが多かったです。それならお金を払って飲み会に行かなくても、いつでも話なんてできますよね。

 

新人歓迎会など、明確な目的がある飲み会もありますが、結局主賓と関わる機会なんてほとんどないまま終わってしまうこともよくあります。主賓が最後に挨拶する以外は普通の飲み会というパターンが多いです。それなら、お金を払わないといけない分、損をすると考えてしまいますよね。

 

それと個人的に辛かったのは、お酒に酔って豹変する人を見た時です。普段は親しみやすくて尊敬できる先輩なのに、お酒で豹変している姿を見ると、正直信用できなくなってしまいます。お酒の席と言えども、職場の人間であることには変わりないので、今後関わるのをためらってしまうようになります。

 

尊敬している先輩の残念な姿を見てしまうのは、後輩としては辛いものです。他にもまだまだあるとは思いますが、デメリットについてはここまでとします。

 

新人が職場の飲み会に参加するメリットもある!

飲み会に参加するメリット

先にデメリットを挙げましたが、新人が職場の飲み会に参加するメリットもあります。

  • 席にもよるがいつもは関わらない人と話ができる
  • 参加しておけば顔が広くなる
  • 上司に喜んでもらえる可能性がある
  • 仕事に関する良い情報が聞けることがある
  • 同僚の意外な一面が見える
  • 気が合う人がみつかるかもしれない
  • 先輩や上司と仲良くなれる

やはり、飲みニケーションとも言われるだけあって、飲み会に参加すると色々な情報が得られることがあります。それこそ、悩んでいたことの答えが出るかもしれませんし、会社のマル秘情報が知れたりもします。

 

本業の仕事のことに関しても、「そのことなら○○に聞いたら詳しくおしえてくれるよ」というようなアドバイスがもらえたり、有益な人間関係が拡がる場にもなります。

 

お酒に酔って気持ち良くなっていたら、普段は教えてくれないような深い内容まで指導してくれたり、意外な本音が聞けることもありますしね。ただ注意点として、お酒に飲まれる人の傍にいても巻き込まれるだけなので、できれば離れた席にいた方が良いと思います。

 

あとは、体裁として飲み会に参加していれば、「あいつは付き合いが悪い」と変に目くじらを立てられることもないでしょうしね。職場での立ち回りを考えるなら、これは結構重要かもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、新人が飲み会に参加することへのメリットとデメリットについて紹介してみました。

 

飲み会にはその人ごとにメリットやデメリットがありますが、要はメリットを感じればゆとり世代と言えど参加するでしょうし、デメリットの方が大きければ参加しないのだと思います。

 

ちなみに僕の場合、歓送迎会や忘年会には参加するようにしていましたが、その他の必要なさそうな飲み会は普通に断っていました。特に理由を言うこともなく、回ってきた出席表に×印を書くだけです。なので、断る断れないは職場によるのだと思います。

 

もし、あなたが新人で飲み会に参加したくないと悩んでいるなら、まずは一度参加してみてから決めるのも良いと思います。楽しければ行けばいいですし、全く楽しくなかったら無理をしてまで行く必要はないように思います。まぁ、これも会社の雰囲気によるんですけどね…。

 

スポンサードリンク