新入社員が飲み会のマナーで気をつけるべき注意点とは!?

新入社員の飲み会でのマナー

新入社員として職場に入職することになって、最初に開催されるであろう交流イベントと言えば飲み会ですよね。

 

おそらく、4月の中頃にでも新入社員歓迎会という名目で飲み会が開かれるのではないでしょうか?最初のイベントということで、幹事は上司がしてくれることもありますが、最低限の飲み会のマナーは守らなければなりません。

 

「入職して最初の飲み会でマナー違反をしてしまい、上司から嫌われてしまったら…」そう考えると、飲み会と言えでも気が抜けない重要なイベントになってしまいます。

 

そこで、今回は新入社員が気をつけたい飲み会でのマナーについて紹介します。

 

新入社員ということで、多少のマナー違反は大目にに見られることもありますが、周りがマナーについてよく知らない中、自分だけマナーが守れていたら評価も上がるかもしれませんよ。

スポンサーリンク

新入社員が飲み会で気をつけたいマナー|①上座と下座

上座と下座

まず、新入社員歓迎会と言わず常に気をつけたい飲み会のマナーが、上座と下座の関係です。

 

基本的に、上司が上座、部下が下座に座るのが普通です。

 

上座と下座の考え方としては、入り口に近い方が下座、遠い方が上座と考えておけばいいでしょう。例えば、座敷の部屋なら入り口に近い席が下座、入り口から遠い奥の席が上座となります。

 

飲み会の名目が新入社員歓迎会なら、主役は新入社員なので上座に座らされることもあるかもしれません。ですが、特に席を指定されていない場合は、主役と言えども新人なら下座に座っておくのが無難でしょう。

 

新入社員が飲み会で気をつけたいマナー|②お酒のつぎ方

お酒のつぎ方

お酒のつぎ方1つをとっても、マナーがあります。

 

新人は、飲み会で上司にお酒をついで回る機会があると思いますが、まずはラベルが隠れないようにもちましょう。

 

さらに、お酒をつぐ時はラベルが上に来るようにも気をつけなければなりません。このつぎ方は、意外と知らない人が多いのですが、実際に僕は指摘されたことがあるので、知っておいた方が良いでしょう。

 

ビールをつぐ場合、泡とお酒の比率も3対7が理想と言われていますが、これはさすがに技術が必要なので、指摘されることはないかもしれません。

スポンサーリンク

新入社員が飲み会で気をつけたいマナー|③時間厳守

時間厳守

最後は、飲み会に限らずですが、時間は厳守するようにしましょう。

 

そもそも、飲み会に遅れてしまったらマナーどころの話ではないので、飲み会の会場には早めに入るようにしておきましょう。飲み会は、かなり早い時間が来ている人も多いので、5分前と言わずにもっと早めに到着しておいてもいいかもしれません。

 

集合の具合については、会社によってもかなり違いがあると思いますので、事前に上司に確認しておくのもいいでしょう。

 

まとめ

今回は、新入社員が飲み会で気をつけたいマナーについて紹介しました。マナーといっても、ここで紹介しているのは代表的なものだけで、会社によってはもっと色々なことを求められるかもしれません。

 

さらに、幹事を任された時はもっと気を配ることが増えますので、さらなる気遣いが必要になります。

 

飲み会のマナーは、新人だと知らないことも多いので、上司からの評判を落とさず、むしろ上げるためにも最低限のマナーは身につけておくようにしましょう。

 

 

スポンサードリンク