牧田の変化球の球種が気になる!パドレスで登板すると場内騒然!?

牧田の変化球の球種

西武からサンディエゴ・パドレスに移籍した牧田和久投手、メジャーリーグでも珍しいサブマリンと変化球ですでに注目の的となっています。

 

話題になっているの牧田投手の遅い変化球、80キロ台にまで減速するカーブは場内が騒然とするほどのインパクトのようです。

 

そんな話題になっている牧田投手について、注目されている変化球の球種について調べてみました。

スポンサーリンク

牧田が投げる変化球の球種は6種類…?

アメリカで場内が沸きあがるほどのインパクトがある牧田投手の変化球、その球種はいくつあるのでしょうか?

 

調べてみたところ、確認できた範囲で牧田投手の球種は6種類でした。

 

牧田投手の球種はこちら

  • ストレート
  • スライダー
  • カーブ
  • チェンジアップ
  • シンカー
  • シュート

細かく分けていけばまだまだあるのかもしれませんが、確認できたのはこの6球種です。

 

確かに、見慣れないアンダースローに球速差のある投球、さらに6種類もの球種が加われば、なかなか的を絞れないでしょうね。牧田投手は、モーションの違いでタイミングをはずす投球術なども持っておられるので、ぜひともメジャーリーグの打者を戸惑わせてほしいですね。

 

牧田のパドレスオープン戦での成績は?

牧田のオープン戦の成績

牧田投手のパドレスでのオープン戦の成績はどうなっているのでしょうか?

 

牧田投手はパドレスに移籍後、これまでのオープン戦で4試合に登板しています。

 

牧田投手のオープン戦の成績がこちら(日にちは現地時間)

対戦相手 投球回数 被安打 失点
3月1日 レンジャーズ 1 2 1
3月4日 アスレチックス 1 0 0
3月6日 ロイヤルズ 1 1 1
3月9日 ホワイトソックス 1 1 0

失点することはありますが、やはりバッターはタイミングを合わせにくかったり、打ちにくいと感じているような印象ですね。

 

まだオープン戦なので、これがシーズンに入った時にどんな結果に変わるのか楽しみですね。ぜひとも、メジャーリーグの名選手たちをその投球術で困惑させていただきたいですね。

スポンサーリンク

 

まとめ

今回は、牧田投手のストレートを含めた変化球の球種や、オープン戦での成績などを紹介しました。やはり、アンダースローは世界的に見ても貴重な存在ですし、牧田投手のようなタイプはメジャーリーグだとさらに珍しいでしょう。

 

なかなか、初見で打てる投手ではないと思いますが、シーズンが始まって登板回数が増えてきたときにどうなるのかが1つポイントですね。

 

 

スポンサードリンク