金剛筋シャツは下半身への影響もある!?

金剛筋シャツ 下半身

金剛筋シャツは、着るだけで体が鍛えられたり、筋トレの効率があるということで、「下半身にも影響があるのでは?」と考える人もいるかもしれません。

 

もしくは、上半身に来ているだけなので、下半身への影響なんてないだろうとドライな方もいらっしゃるでしょう。しかし、実際のところ、本当に金剛筋シャツによる下半身への影響はないのでしょうか?

 

そこで今回は、金剛筋シャツによる下半身への影響について見ていくことにします。普通に考えれば影響なんてないように思いますが、果たしてどうなのでしょうか?

 

金剛筋シャツは下半身への影響もあるの?

金剛筋シャツ 下半身への影響
着るだけでトレーニング効果が得られたり、筋トレの効果アップが期待できるという金剛筋シャツですが、下半身への影響はやはりないのでしょうか?

 

もちろん公式サイトなどには書いていないので、僕の個人的な考えにはなるのですが、多少の影響はあると思っています。

 

「金剛筋シャツは上半身に着るものなのに、下半身に影響があるわけがない!」という声がとんできそうですが、その理由について見ていきます。

 

まず、金剛筋シャツの効果として、加圧により良い姿勢をキープすることが知られていますよね。良い姿勢と言えば、背筋が伸びて猫背が治るというイメージがあるかもしれません。

 

もちろんそれは正解なのですが、猫背が治ると他の部位にも変化が出てくるんですよね。例えば、猫背の時って背骨の繋がっている骨盤は正しい位置より後ろに傾いています。

 

骨盤が後ろに傾いた状態で立っていると、股関節が外に開いて膝が曲がり、足先は内側に向いてくるといういわゆるO脚の形が出来あがるんですよね。

 

これに対して、金剛筋シャツで背筋を伸ばすことができたら、後ろに傾いていた骨盤が起きて正しい位置にもどるので、足の位置も正しい位置に戻ってくれます。

 

これって、金剛筋シャツの効果が下半身にも影響したと考えられますよね。骨盤ケアの矯正下着なんかも同じように考えられます。

金剛筋シャツの公式サイトはこちら
check!
  • 金剛筋シャツには姿勢を良くする効果がある
  • 姿勢が良くなれば骨盤の位置も戻る
  • 骨盤が正しい位置に戻れば、足の位置も正常に戻る可能性がある

 

金剛筋シャツによる下半身へのトレーニング効果は?

金剛筋シャツ 下半身のトレーニング

金剛筋シャツを着ると、良い姿勢が保てることで、正しい筋肉の使い方が出来るようになります。特に、猫背の時は体幹の筋肉をほとんど使えていないので、背筋が伸びることでいつもより多くの筋肉を使うことになり、ある意味トレーニング効果があると言えるでしょう。

 

下半身でも同じで、O脚だった足が正しい位置に戻れば、足の筋肉も正しい使い方ができるようになります。ただ、どちらにしろ、普通に生活しているだけではそこまで高いトレーニング効果は得られないと思います。

 

ですので、下半身の筋肉を鍛えたいなら、スクワットなど下半身の筋トレを行うべきでしょう。もちろん、金剛筋シャツを着て筋トレをすると効果的ですよね。

 

check!
  • 下半身の筋肉を鍛えたいなら金剛筋シャツを着てトレーニングを行う

 

まとめ

  • 金剛筋シャツで姿勢が良くなって骨盤が正しい位置にくれば、O脚など足の位置も改善する可能性がある
  • 下半身の筋肉を鍛えたいなら、金剛筋シャツを着て筋トレを
金剛筋シャツの公式サイトはこちら

 

スポンサードリンク