高校デビュー【2018】に失敗しない方法|3つの注意点を知ろう

高校デビューで失敗しないための注意点

2018年の4月から高校生になる男子にとって、高校デビューという言葉はだれしも頭をよぎると思います。

 

これまで中学校では男子としか話をしたことがなかったので、高校デビューをしてなんとか女子と仲良くなりたいというのは、ほとんどの男子が考えていることかもしれません。

 

ですが、高校デビューで一番怖いのは失敗することです。高校デビューで失敗して孤立、結果ほとんど誰とも話せずに高校生活と終わるというパターンは、あり得ない話ではありません。

 

そこで、2018年の高校デビューを目指す男子に少しでも貢献できるように、高校デビューに失敗しないための方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

高校デビュー【2018】に失敗しないためには目立ちすぎないこと!

高校デビューで悪目立ち

高校デビューに失敗する例として多いのは、やはり目立ちすぎることです。

 

高校デビューに向けて、髪型を奇抜にしたり派手な色に染めたりと、見た目から入る人は多いと思います。私服の学校なら、おしゃれなファッションで決めるというのもありますよね。

 

ですが、おしゃれと悪目立ちは紙一重で、やりすぎて失敗した人達は数多くいらっしゃいます。

 

例としては、髪型やファッションはおしゃれかもしれないが、顔がおいついていなかったり、髪を染めたら普通に先生に怒られて目をつけられた、などです。

 

確かに、派手な髪型やおしゃれなファッションは目立つかもしれませんが、自分に合っていなければ意味がありません。また、女子は男子の悪目立ちにはかなり拒否的だったりするので、陰で何を言われているか分かりません。

 

やはり、年頃の女性は大人な男性に魅力を感じるものなので、変に目立っていると「同級生にはろくな男子がいない」、「やっぱり先輩がいい」という悲惨なことになりかねません。

 

もちろん、おしゃれをするのは良いことですが、やりすぎて身の丈を超えたり、悪目立ちととられない程度に抑えた方がいいでしょう。

 

高校デビュー【2018】にはやっぱり体型も大事…

細マッチョ

モテたい男子が髪型やファッションに気をつかうように、体型にも気を使わなければないらないでしょう。

 

女性が好きな体型で一番に出てくるのは、やはり細マッチョです。

 

部活でスポーツをしているような人は体に自信があるかもしれませんが、高校生だとまだまだ華奢な人が多い印象です。やはり、世の中の女性が持つ細マッチョの基準はイケメン俳優さんだったりするので、ハードルはかなり高いと思っていていいでしょう。

 

もちろん、高校生にして太っていたりぽっちゃり体型だと、女子の評価のハードルはさらに高くなると思われます。

 

プールの授業がない限り、なかなか面と向かって体を披露する機会はないかもしれませんが、体育の準備で着替えている時など意外と女子は見ているものです。もし、あなたが理想的な細マッチョボディをしていたら、ひそかに女子の間で話題になっているかもしれませんよ。

 

自分の体に自信がない人もいるかもしれませんが、いざという時に評価を独り占めにするために、入学前から体を鍛えておいて損はないでしょう。

 

もし、トレーニングをしたり体を鍛えたりできないという方は、こういった誰でも簡単に使えるトレーニンググッズを使ってみるのも1つです。

 

トークのうまさも高校デビューには大事!

高校デビューはトークも大事

これまで見た目の事ばかりでしたが、トークの技術も高校デビューには大事です。

 

真面目な話しかしない男子より、面白い話ができる男子の方が女子にモテるイメージってありませんか?そもそも、相当なイケメンでもない限り、女子と話ができない男子ってモテませんよね。

 

高校デビューをもくろむ男子の中には、これまでほとんど女子と話したことがない人もいるでしょう。僕も例外なく似たような男子でしたので、気持ちはよく分かります。女子と話す時って意識して緊張してしまうので、何を話したらいいかわからなくなるんですよね。

 

そんな状態だと、なかなか女子の評価は上がっていきません。いくら良い人でも、話をしたり関わってみないと、どんな人なのか伝わりませんよね?まずは少しずつ女子に慣れていくためにも、話しやすい女子を見つけて練習していくのも1つの方法だと思います。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、2018年の高校デビューで失敗しないための方法を紹介してみました。

 

もちろん注意しなければならないことはこれだけではありませんが、失敗しやすい例として今回の3つを紹介させていただきました。基本的に、高校デビューに失敗する人はやりすぎが原因なので、最初が肝心だからとやる気を出し過ぎない方が良いかもしれません。

 

あとは、やはり同性に好かれてこその女子人気だと思うので、女子に気に入られたいがあまりに女子を意識した行動ばかりしていると、いつの間にか男子の友達がいなくなっていたということにはならないようにしましょう。

 

 

スポンサードリンク