減量後も体重を維持する方法はあるのか!?3つの対策を紹介

減量後に体重を維持する3つの対策

もしあなたがダイエットを頑張って減量に成功した後、リバウンドをしないための対策って考えていますか?

 

ダイエットには、リバウンドがつきものです。仮にダイエットに成功しても、「減量後の体重維持は難しくリバウンドはつきもの」そう考えていませんか?確かに、体重を維持するのは難しいのですが、維持するための対策をとったり考えたりしていないケースが多いようです。

 

そこで、今回は減量後も体重を維持するための対策を紹介していきます。

 

減量後に体重維持できないのはお腹が減るから

体重維持できないのはお腹が減るから

ダイエットに成功してもリバウンドしてしまう大きな理由は、食べてしまうからですよね。ダイエットでは、食事制限をしていることが多いので、常にお腹が減ったような状態と言っても過言ではないでしょう。

 

もし、減量に成功してダイエットを止めた時、お腹が減っていたら普通に食べてしまうと思いませんか?当たり前ですが、食事制限で痩せた場合、食事が戻れば体重も元に戻ります。これが、リバウンドのメジャーな流れですよね。

 

しかも、この現象は人間の体の仕組みからも説明できるのです。人間は、急に体重が減ると命に危険が迫っていると感じます。いわゆる飢餓状態ですね。この状態になると、体はもっと食べないとと信号を出すようになります。これが、空腹感に繋がるわけですね。

 

お腹が減ったからと言って、食べてしまうとまた太ってしまいます。では、この空腹感を抑える方法はないのでしょうか?

 

空腹を抑えるための3つの対策

空腹を抑えるための3つの対策

ここからは、空腹の抑えるための3つの対策を紹介します。

 

食事を調節する

ダイエットにおいて、たんぱく質食物繊維は重要です。

 

たんぱく質や食物繊維は、消化を遅くしてくれるので満腹感が持続しやすくなります。もし、どうしても空腹に耐えられないのであれば、1回の食事のたんぱく質を10g増やしてみたり、非でんぷん質の野菜を多くとるようなどの対策があります。

 

また、人によっては1回の食事量を少なくして回数を多くした方が空腹感が出にくい場合もあるので、このあたりは自分に合った方法を見つける必要がります。ただし、回数を増やす場合は、トータルの食事量を増やさないように気を配る必要があります。

 

水を多く飲む

水を多く飲むことで、食べすぎを防ぐという方法もあります。いわゆる、水っ腹の感覚ですね。

 

食事の前や食事中に多くの水を飲むことで、胃の中をいっぱいにし、早めに満腹感を得ようとするわけです。夏なんかに、水を飲みすぎてご飯が食べれなくなった経験って誰しもありますよね。

 

運動する

結局はここに繋がるわけですが、体重を維持するためには運動は欠かせないと思います。

 

特に、筋肉を増やすための筋トレと、脂肪を燃焼する有酸素運動の組み合わせは鉄板です。やはり、食事制限だけで痩せても、空腹に耐えきれずに食べてしまい、リバウンドするケースが多いので、合わせて体づくりをするのが一番でしょう。

 

筋肉量が増えて代謝が良くなれば、同じ生活を送っていてもエネルギーを多く消費したり、脂肪を燃焼しやすくなったりするので、リバウンド防止には効果的ですよ。

 

どうしても運動が出来ない人にはこちらがオススメです。

金剛筋シャツの公式サイトはこちら
 

まとめ

  • 人間は体重が減ると生命維持のためにお腹が減る
  • 食事制限だけだと止めるとリバウンドする
  • 空腹を紛らわせる対策には、食事の内容や頻度を少し変えたり水を多く飲むなどがある

 

スポンサードリンク