金剛筋シャツの脱ぎ方が知りたい!

金剛筋シャツ 脱ぎ方

金剛筋シャツなどの加圧シャツって、加圧による強い締め付け効果があるのは嬉しいのですが、とにかく脱ぎにくいんですよね。普段ならまだいいのですが、汗をかいているとくっついてなおさら脱ぎにくくなります。

 

脱げなくて悪戦苦闘していると、体の変なところを痛めたりしますし、なにより加圧シャツが破れる危険性があります。せっかく安くはないお金を払って購入しているので、すぐに破れた日には泣くに泣けないですよね。

 

そこで、今回は金剛筋シャツの脱ぎ方について見ていきます。どの方法が脱ぎやすいかは人によると思いますが、いくつかの方法を知っておくことで、選択肢が広がりますよね。

 

金剛筋シャツの脱ぎ方を考えよう!

金剛筋シャツ 脱ぎ方を考える

 

金剛筋シャツの脱ぎ方を考えるにあたって、まずは一般的なシャツの脱ぎ方を紹介していきます。金剛筋シャツが脱げない時は、まずいつもと違う方法を試してみて下さい。

①首もとをつかんで抜く これは腕を通したままの状態で、シャツの首元をつかみ、そのまま上に引っこ抜く方法です。これは、男性に多い脱ぎ方のようですね。僕もたまにする方法です。
②腕から抜く まず片方ずつ腕を抜いてから、最後に首を抜いて終わりです。こちらも男性に多いようで、僕はこの方法がメインです。
③裾をつまんでめくりあげる まずは両手でシャツの裾をつまみ、そのまま服を裏返すようにして上へとめくりあげていきます。ドラマやCMなどでセクシーな女性がするイメージですね。

見せ方を意識した方法かと思っていたら、意外とこの方法は一般的だったようで、特に女性に多いみたいです。僕の場合は、脱ぎにくくなるので苦手です。

金剛筋シャツの公式サイトはこちら
check!
  • 金剛筋シャツが脱げない時は、いつもと違う方法を試してみる

 

金剛筋シャツがどうしても脱げない時の脱ぎ方は!?

先ほど紹介した方法をためしても、どうしても金剛筋シャツが脱げないという方のために、最終手段とも言うべき脱ぎ方をご紹介します。ちなみに、僕はこの方法を取ったことがないので、自己責任でお願いします。

 

最終手段の脱ぎ方では、首から抜くのをあきらめます。「じゃあどうやって脱ぐの?」と思うかもしれませんが、首から抜けないなら下から抜くという逆転の発想から生まれた方法がこれです。

 

この最終手段では、まずシャツの首元を広げて両肩をはずします。女性のオフショルダーのような状態ですね。そのままシャツを下に下げていくと腕が抜けるので、あとは足元から抜くだけです。

 

首から無理矢理脱ごうとすると、脇が破れる原因となってしまうので、シャツの脇に負担をかけないようにと考え出されたのがこの最終手段です。

 

また、汗でくっついてしまうのが原因なら、普通に汗が乾くまで待って脱ぐというのも1つですよね。少し寒いかもしれませんが、金剛筋シャツは乾きやすいので、そこまで時間はかからないでしょう。

check!
  • 金剛筋シャツがどうしても脱げない時は下から脱ぐ脱ぎ方もある

 

まとめ

  • シャツの脱ぎ方は基本的に3種類あるので脱げそうな方法を選ぶ
  • どうしても金剛筋シャツが脱げない時は、最終手段として下から脱ぐ脱ぎ方がある

 

まだまだ金剛筋シャツの効果が物足りないという方は、こちらを併用することで相乗効果が得られる可能性があります。

あのロナウジーニョがオススメするHMBとは!?

金剛筋HMBで筋トレの効果をさらにアップさせよう!

 

スポンサードリンク