座り方を変えるとダイエットに!?橋本はづきのメソッド

座り方 ダイエット

日々、ダイエットにいそしんでいる方は多いと思いますが、座り方にまで気をつけている方はいますか?

 

おそらく、ほとんどの人が座っている姿勢を意識したことがないのではないでしょうか?僕も、意識していないとすぐに座っている姿勢が悪くなってしまうので、気にしていない人はなおさらだと思います。ですが、実は座っている姿勢ってダイエットと関係があるんですよね。

 

パーソナルトレーナーやヨガ講師として有名な橋本はづきさんも、座っている姿勢の重要さについて指摘しています。そこで今回は、座り方とダイエットの関係性について紹介していきます。

 

座り方が悪いと骨盤が後ろに倒れる!?

猫背

あなたは、悪い座り方と聞くと、どんな姿勢をイメージしますか?

 

おそらく多くの人が、お尻を前にずらして背もたれに深くもたれかかり、猫背になったような姿勢を思い浮かべるのではないでしょうか?猫背という姿勢は、悪い姿勢の代名詞とも言えますよね。確かに、この姿勢は悪い姿勢と言えます。

 

なぜ、このような姿勢が悪いのかと言うと、お尻を前方にずらして座っていると、骨盤が後ろに倒れてしまうんですよね。猫背のように背中を丸めた姿勢になると、自然と骨盤は後ろに倒れます。

 

反対に、背筋を伸ばしていると、骨盤は起きるかむしろ前に傾きます。もちろん、前に傾きすぎると反り腰になって、帰って悪い姿勢となってしまうのですが、骨盤はしっかり起こして正しい位置にもっていかねばなりません。

 

では、なぜ骨盤が後ろに倒れているとダイエットに都合が悪いのでしょうか?

 

良い座り方で代謝をアップ

良い姿勢

骨盤が後ろに倒れていると、代謝が悪くなると言われています。

 

骨盤の位置と言うのは、ダイエットの世界でも重要視されており、橋本メソッドと言われるほど有名なパーソナルトレーナーの橋本はづきさんも、骨盤を重要視しています。橋本はづきさんは、女性誌などでも名前を見る方ですよね。

 

骨盤が後ろに倒れると、股関節を曲げる筋肉である腸腰筋が縮んでしまいます。この腸腰筋の動きが悪くなると、骨盤が起きにくくなってしまいます。骨盤が後ろに倒れている姿勢は、内臓を圧迫するので血流が悪くなり、代謝の低下にもつながります。

 

また、姿勢が悪いと体の筋肉を使わなくなるので、体の筋力が落ちる原因にもなります。筋肉量が減ると、代謝も落ちていくので、結果として太る原因になってしまいます。使わなければ、体を支える腹筋や背筋も衰えて、たるんでいきますよね。

 

このように、座り方というのはダイエットに大きく関わってくるので、少し気をつけてみると意外な成果があるかもしれませんよ。

 

まとめ

  • 座り方が悪いと骨盤が後ろに倒れる
  • 骨盤が後ろに倒れると代謝が悪くなる
  • 座り方の改善がダイエットにつながる可能性もある

姿勢を改善するには気をつけるしかありませんが、なかなか意識して習慣づけるのは難しいですよね。そこで、姿勢を改善する手段の1つとしてオススメなのが、金剛筋シャツです。

 

金剛筋シャツは、シャツの加圧効果によって姿勢を良くする効果があり、これは口コミやレビューでの評判でも評価されています。もし、自分で姿勢を正すのは難しいという方は、こういった方法を試してみるのも1つだと思います。

金剛筋シャツで姿勢が良くなるの?

 

スポンサードリンク