【金剛筋HMB】で筋トレの効率をさらにアップ!

金剛筋HMBで筋トレ効率アップ

最近、筋トレ好きやダイエット実践中の方の間でHMBが広まり、話題になっていますよね。

 

実は、2017年10月23日に、金剛筋シリーズからもHMBが発売されているのです。でも、正直HMBって何だかよく分からなかったり、どう使っていいのか悩んでしまいがちですよね。

 

そこで今回は、 金剛筋HMBと一緒に、HMBそのものについても紹介していきます。

 

HMBについて

HMBって何?

HMBというのは、簡単に言えば筋トレの効率を上げるためのサプリメントのことです。HMBを飲みながら筋トレをすることで、普段よりも筋トレの効果を高めようというものです。

【HMB】

β‐ヒドロキシ‐β‐メチル酪酸のこと。

必須アミノ酸であるロイシンの代謝によって作られる物質のひとつ。

これだけ見ると、何のことだかよく分からないですよね?

 

HMBについて知るために、まずはロイシンが何なのか見てみましょう。

 

ロイシンとは?

ロイシンというのは、必須アミノ酸の1つで、筋肉を維持する働きを持っています。必須アミノ酸であるバリン、ロイシン、イソロイシンを合わせて、BCAAと呼びます。HMBについて調べていると、このBCAAという単語はよく出てくるんですよね。

 

ロイシンは、カツオや鶏むね肉などに多く含まれています。

 

HMBは、このロイシンの代謝物質として産生されるのですが、ロイシンから作られるHMBは、なんとたったの5%しかないのです。

 

では、筋トレの効果を上げるためには、どの程度のHMBが必要なのでしょうか?

 

HMBの効果と量

HMBの量については、いくつかの研究がなされており、論文も上がっています。

 

HMBは、3gの使用で筋力が増加すると言われています。これは、高齢者の筋力低下に対しても、有効だとされています。つまり、HMBの効果はこのような感じになります。

  • 筋肥大
  • 筋力低下の抑制

 

また、体重×38mgの使用が脂肪を除いた体重を増加させたり、筋肉の損傷を抑えるという実験もあります。日本の成人した男性の平均体重は60kg台ぐらいなので、仮に70kgで計算した場合、70kg×38mg=2660mg=2.66gとなります。ちなみに実験は海外のものですのでやや体格が大きく、70kg後半~80kg程度の人が対象となっています。

 

仮に80kgの場合で計算すると、だいたい3g程度になりますので、3gで筋力が増加するという情報とも合っていますよね。

 

ちなみに、ロイシンから産生されるHMBは5%程度なので、3gのHMBをとるには60gのロイシンが必要となります。普通の食事をとっていたとして、1日に摂取できるHMBは1gにも満たないと言われています。

 

つまり、3gのHMBを摂取するには、食事とは別に2g程度のHMBを補給しなければならないということです。

 

60gのロイシンをとろうとした時、従来のプロテインで考えると、なんと約20杯も飲まなければなりません。もちろん、プロテインはHMBだけ含まれているわけではないので、飲みすぎると摂取カロリーもどんどんはね上がっていきます。何より、20杯も飲めませんよね。

 

そこで、効率よくHMBを取り入れるために開発されたのが、昨今のHMB商品というわけです。サプリメントなら、手軽に摂取することができますよね。

 

HMBの効果を上げる成分

HMBと一緒にとることで、さらに効果が上がると言われている成分があります。

 

その成分というのが、クレアチニンです。

 

HMBとクレアチニンの併用に関しても効果があるとする実験があり、HMBとクレアチニンを併用した例で、筋肉量が増加し、体脂肪が減少したという結果が出ています。

 

金剛筋HMBについて

ここからは、金剛筋HMBについて紹介していきます。

 

金剛筋HMBは、金剛筋シャツを販売している株式会社GLANdの商品です。金剛筋ブランドは、シリーズ累計100,000個の売り上げを記録している人気のブランドです。

 

しかも、なんとあのサッカー元ブラジル代表のロナウジーニョさんがイメージキャラクターとして宣伝しているのです!これには僕も衝撃を受けました。

 

※現在、ロナウジーニョ選手との契約は終了しているようです(2018年9月時点)

 

 

それでは、金剛筋HMBがどんな商品なのか見ていきましょう。

 

金剛筋HMBの成分

まずは、気になる金剛筋HMBの成分からです。

 

金剛筋HMBの成分は以下のようになっています。

金剛筋HMB 成分

HMBはもちろん、一緒にとると良いとされるクレアチニンも含まれていますね。

 

ちなみに、HMBカルシウムというのは、HMBとカルシウムを配合したもので、ネット通販系の商品はこの形でHMBが配合されていることが多くなっています。そのため、厳密に言うとHMBカルシウムの量=HMBの量ではなく、だいたい8割程度がHMBだと言われています。

 

ちなみに、金剛筋HMBの内容量は180粒なので、毎日飲むなら9粒ずつ摂取することはできません。確かに、HMBは毎日飲めるにこしたことはありませんが、筋トレは毎日行うものではないので、少なくとも筋トレの日だけで考えると毎日飲むことができるはずです。

 

金剛筋HMBのメリット

  • プロテインより低カロリー(プロテイン1杯:80~100kcal > 金剛筋HMB1日:8.3kcal)
  • シェイカーなどの準備が不要ですぐに飲める
  • こぼしたり飛び散る心配がない
  • 業界トップクラスのHMBカルシウム配合量(1日:2000mg)
  • 金剛筋シャツ購入者なら個人情報登録などの手間がはぶける
  • GMP認定工場で生産されている

 

金剛筋HMBの値段

金剛筋HMBの値段についてですが、公式サイトであるメンズキングで購入すると、お得なトクトクモニターコースを利用できます。

 

トクトクモニターコースでは、初回価格が980円(税抜)送料無料と格安になるのに加え、定期購入では定番の定期縛りがないという圧倒的なコスパを誇っています。

 

金剛筋HMBの値段について、詳しくはこちらをご覧下さい。

 

金剛筋HMBのコスパは良いの?悪いの?

【金剛筋HMB】販売店の値段を比較!

 

金剛筋HMBの支払い方法

金剛筋HMBの支払い方は、以下の3種類です。

クレジットカード VISA、MASTER、DINERS、AMEX、JCB
※支払い回数は1回のみ
代金引換 合計金額が3万円以下の場合は324円

合計金額が3万円~10万円の場合は540円

+送料800円が発生

コンビニ後払い 商品に請求書が同封されているので、支払いが可能なコンビニや郵便局で支払う
期限は請求書発行日から14日以内
手数料は無料

コンビニ後払いの対象店舗はこちら

金剛筋HMB コンビニ後払い 店舗

 

まとめ

  • あのロナウジーニョが認めている
  • HMBは筋トレの効果をアップさせる商品
  • 金剛筋HMBは業界トップクラスのHMBカルシウム配合量
  • HMBと摂取することでさらに効果が上がるクレアチニンも配合
  • 公式サイトのメンズキングには初回格安かつ定期縛りがないコースがある
スポンサードリンク