新入社員に嫌われる上司の特徴!辞めるのは本当に本人の問題?

新入社員に嫌われる上司の特徴

よく「最近の新人は仕事が続かない」とか「忍耐力がなくてすぐに辞める」、「常識や礼儀を知らない」という言葉を聞きますが、本当にそうなのでしょうか?

 

もちろん、新人が失礼な態度をとることもあるかもしれませんが、そのような発言をしている人って職場で嫌われていたりしませんか?

 

よく観察してみると、新人の態度が悪いのは自分に対してだけだったりすることもあります。自分の感じ方に反して、他の社員の評判は高かったりすることも…。

 

このような場合、もしかするとあなたこそが新入社員に嫌われる上司なのかもしれませんよ。今回は、新入社員に嫌われる上司の特徴について見ていこうと思います。

スポンサーリンク

新入社員に嫌われる上司の特徴9選!

新入社員に嫌われる上司の特徴9選

それでは、新入社員に嫌われる可能性が高い上司の特徴について、いくつか紹介していきます。

 

事あるごとに他人のせいにする

明らかに自分のミスなのに、後輩のせいにしたり他人のせいにする上司って信頼できませんよね。

 

自分の方が年齢が上だからといって、さも自分が何でも正しいかのように振る舞い、何でも新入社員や後輩のせいにしていると、新入社員からはもちろん、他の同僚からの評価も下がっているものです。

 

これは、もはや上司としてだけではなく、人間として好かれないと思います。

 

注意のつもりが怒鳴るだけ

上司にとって、後輩の指導というのは信頼に関わる重要なタイミングです。ミスをした時など、注意すべき時は注意しないといけませんが、仕方というものがあります。

 

部下に注意をする時、結構頭ごなしに怒鳴って責めるだけという上司を見かけますが、これだと何の解決にもなりませんし、何が悪いのか分かりませんよね。本当に改善してほしいなら、上からではなく同じ目線でミスの原因を探したり、指導をするべきです。

 

怒鳴るだけなら誰にでもできるので、本当に育ってほしいならちゃんとした言葉で分かるように表現しなくてはなりません。場合によっては、見て盗めという考えの人もいますが、新人がそのような技術を持っていないケースもありますよ。

 

責任をとらない

責任をとらない上司も信頼されません。

 

上司に了解をとった行動なのに、間違っていたら部下が怒られるなんてよくありますよね。僕も、上司に了解をとって休んだのに、後日上の人から呼び出されて怒られた経験があります。

 

怒られるのは構いませんが、上司への評価は最悪です。自分が了解した行動なら、部下ではなく責任は上司がとるべきでしょう。自分の出世のためもあるのかもしれませんが、いずれ手痛いしっぺ返しをくらうかもしれません。

 

頭がかたい

せっかくの部下の提案を、自分がしてきた方法と違うからと頭ごなしに否定していませんか?

 

根拠があるのならまだいいですが、前例がないからという理由だけで部下の提案を否定するのは避けた方が良いでしょう。
部下の提案が、今後の常識を変えるような凄いものである可能性もありますからね。

 

仮に否定するにしても、しっかりとした根拠を示すべきでしょう。ちゃんとした理由を教えてくれれば部下も納得できますが、ただこれはダメだと言われるだけだと納得しないのは当たり前です。

 

コミュニケーションをとらない

新人とコミュニケーションをとらないというのは論外ですよね。人見知りや恥ずかしがり屋ならまだ分かりますが、常に仏頂面で近寄ってくるなという雰囲気を醸し出していると、もちろん避けられます。

 

普段話をしたこともない人に否定されたり怒られても、「何がわかるのか!」と反論したくなりますよね。

 

愚痴が多い

同僚や上司の愚痴を常に話しているような人も嫌われがちです。

 

本人はストレス解消になっていいかもしれませんが、周囲の人は良く思っていないことも多いです。僕もよく上司が愚痴をこぼしているシーンに出くわしていましたが、直接的にではないにしろ、ずっと愚痴を聞いているとノイローゼになりそうになります。

 

そもそも、愚痴を言うような人は、人格から疑われてしまうかもしれません。

 

気まぐれ

気分や機嫌次第で対応が変わる人も好かれません。後輩からすると、どう接していいか分からなくなります

 

さっきまで期限が良かったのに急に怒鳴り出したり、いつもと同じ接し方をしているのに今日は注意されたというケースがあったりすると、近寄りがたくなりますよね。人によって対応を変える人も同様です。

 

怖い

これは職場に限ったことではないですが、なんとなく雰囲気が怖い人って近寄れませんよね。

 

よく部下を怒鳴りつけていたり、いつもムスッとした表情の人にはなかなか近寄れません。注意する時だけならまだいいかもしれませんが、常に怖いと歩み寄る機会がありません

 

常に集団の中にいる

常に集団の中心にいるような人も近寄りにくいようです。

 

皆から人気があるのかもしれませんが、そのことが後輩を遠ざける理由にもなります。周りを押しのけて近づいていくのって、新人にとってはかなり勇気がいることだと思います。

 

新人が相談しやすい環境をつくるのも、慕われる上司の条件の1つだと思います。

 

否定からではなくまずは歩み寄る姿勢を…

まずは歩み寄る姿勢を

新入社員は、ただでさえ職場になじめるかと緊張しているので、威圧的な態度をとってしまうと「すぐに辞めてしまった」なんてことは普通にあり得る話です。

 

昔は即戦力を求められていたり、ある程度のスパルタや理不尽も許されたのかもしれませんが、今は時代が違います。

 

上司や後輩、新人など分け隔てなく言い合えるような環境が求められる現代において、新人だからと言って適当にあしらったり、ちゃんと説明しないでいると、貴重な社員を失うはめになりかねません。

 

少子化が進行する中、新入社員に嫌われるような態度をとっていると、「いつの間にか社員がいなくなっていた」という事態に陥るかもしれませんよ。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、新入社員に嫌われる可能性がある上司の特徴について紹介しました。

 

もちろん、ここに書かれていることが全てではありませんし、間違いないのかと言われると相手によるというのが正直なところですが、わが身を正す1つの判断基準ぐらいにはなるかもしれません。

 

 

スポンサードリンク