金剛筋シャツは乾燥機にかけていいの?

金剛筋シャツ 乾燥機

金剛筋シャツを購入するとなると、その手入れの方法が気になりますよね。ネットの口コミなどを見ていても、加圧シャツはすぐに破れるという内容が書かれていたりするので、購入前に気になるポイントの1つです。

 

特に男性の場合、あまり洗濯表示なんて見ないという人も少なくないと思いますので、いざ表示を見てもよく分からなかったりするんですよね。僕も、洗濯表示を見てもよく分からないので、いちいち意味を調べたりしています。

 

金剛筋シャツなどの加圧シャツは毎日着るものなので、場合によってすぐに乾かさなければならないこともあります。普通の服であれば、急ぎの時は乾燥機を使ったりしますよね。ですが、金剛筋シャツだと使って良いのかと不安になります。

 

そこで今回は、金剛筋シャツを乾燥機にかけていいのかどうかを見ていきましょう。扱い方を知らずに乾燥機を使って、破れたりしたら嫌ですしね。

 

金剛筋シャツは乾燥機にかけていいの?

金剛筋シャツ 乾燥機にかけていい?

金剛筋シャツは、基本的に毎日着るものなので、洗濯や洗い替えは必須になります。ですが、梅雨の時期など雨の日が増えてくると、乾燥機を使いたくなってしまいますよね。

 

そんな時に気になるのが、乾燥機で金剛筋シャツを乾かしてもいいのかどうかです。もし、乾燥機が禁止なら、使ったことで破れてしまうかもしれませんからね。

 

では、肝心の金剛筋シャツを乾燥機にかけていいかどうかですが、金剛筋シャツの洗濯表示によると、タンブル乾燥は禁止となっています。

 

これを見て、「タンブル乾燥って何だろう?」と思われた方もいらっしゃると思います。僕も分からなかったので、調べてみました。

【タンブル乾燥】

衣類を熱と一緒に乾燥させながら乾かす乾燥機のこと。

タンブル乾燥というのは、コインランドリーの乾燥機などをイメージしていただければ良いかと思います。

 

実は、家庭用のドラム式洗濯機についている乾燥機能もこのタンブル乾燥に分類されるんですよね。つまり、タンブル乾燥禁止ということは、乾燥機を使用してはいけないということになります。

金剛筋シャツの公式サイトはこちら
check!
  • 金剛筋シャツはタンブル乾燥禁止
  • 家庭用のドラム式洗濯機もタンブル乾燥に分類される

 

金剛筋シャツは乾燥機が使えないならどうすればいい?

金剛筋シャツ 乾燥機 使えない

金剛筋シャツを乾かす際に、乾燥機が使えないのならどうすれば良いのか気になりますよね。これも実は洗濯表示に書いてあるのです。

 

洗濯表示によると、金剛筋シャツは「日陰のぬれつり干し」が良いとされています。

 

「日陰のぬれつり干し」、またよく分からない言葉が出てきましたね…。ただ何となくのニュアンスは伝わります。日陰は分かるので、ぬれつり干しについて調べてみました。

【ぬれつり干し】

洗濯した後に脱水したり絞ったりせずにハンガーなどに吊って干すこと

つまり、「日陰のぬれつり干し」とは、濡れたままの状態で日陰に吊って干すということです。もし、ぼたぼたになるのが嫌だという人は、洗濯後にタオルなど少し水気を吸い取ってから干すといいでしょう。

 

ちなみに、家庭の洗濯では問題ないと思いますが、ドライクリーニングやウェットクリーニングも禁止されていますので、覚えておいて下さい。

check!
  • 金剛筋シャツは「日陰のぬれつり干し」
  • ドライクリーニングやウェットクリーニングは禁止

 

まとめ

  • 金剛筋シャツはタンブル乾燥禁止
  • タンブル乾燥には家庭用のドラム式洗濯機による乾燥も含まれる
  • 脱水は禁止で「日陰のぬれつり干し」
金剛筋シャツの公式サイトはこちら

 

スポンサードリンク